女性に人気のパナソニック美容家電シリーズについて

大きく分けると3種類の美容家電が販売されています

パナソニックは、女性に人気の美容家電を数多く販売しています。美しい姿になることは女性共通の願いですが、エステサロンに通うということになると費用や時間が相当かかってしまいます。しかし、美容家電を購入すれば、いつでも自分の都合のよい時に自宅でセルフケアすることができるようになります。また、費用もずっと安く上がります。パナソニックが販売している美容家電は、ヘアケア用・フェイスケア用・ボディケア用の3種類に大別することができます。肌や髪に直接的な影響を及ぼす家電製品ですから、搭載されている機能が優れているだけでなく、高い安全性が保証されていることが必須条件になります。パナソニックの商品はその条件を2つともクリアしているため、とても多くの女性が愛用しています。

フェイスケア用の商品にはどのような物があるのか

現在販売されているフェイスケア用の商品は、スチーマー・導入美容器・洗顔美容器・高濃度炭酸エステ・目もとエステ・毛穴ケア・アイメイク・カッター・ローラー式美容器の9種類です。どの商品にも、家電メーカーとして長年培ってきた独自のノウハウや高い技術力がいかんなく発揮されています。いずれの商品も女性に大人気になっていますが、近年特に注目されているのは、目もとエステ用の商品です。目のまわりの皮膚はとても薄いため、他の部位よりも早く老化サインが目立つようになります。また、パソコンやスマホを長時間使用する人が増えたことも目もとの老化を早める原因の1つになっています。そのため、目もとエステEH-SW65や目もとエステEH-SW55を購入して、自宅で目もとケアをする人が増加しています。とても手軽に使用することができるため、人気商品の1つになっています。

女性に人気のボディケア用商品の特徴について

ボディケア用の商品には、光美容器・脱毛器・ネイルケア器・足浴器などがあります。どの商品も大勢の女性に利用されていますが、特に高い人気を集めているのは光美容器です。脱毛専門サロンに行くとフラッシュ脱毛の施術を受けることができますが、パナソニックの光美容器を購入すれば自宅でフラッシュ脱毛できるようになります。また、フェイス用アタッチメントを使用すれば、脱毛だけでなく美肌ケアも行うことが可能になります。コード式の物とコードレスタイプの物の2種類が販売されていますが、大人気商品になっています。脱毛専門サロンで脱毛契約を結んでも、希望通りの日時で施術予約を入れられないことがよくあります。また、通っている途中でサロンが潰れてしまうことも珍しくありません。しかし、光美容器を購入すれば、自分のペースで順調に脱毛を続けることができるようになります。

パナソニックの歴代のきれいなおねえさんは全員女優

「きれいなおねえさんは好きですか」でお馴染みのエステジェンヌ

「きれいなおねえさん」は、パナソニックが発売している美容家電エステジェンヌシリーズの売り出しに登場するイメージキャラクターです。 「きれいなおねえさんは好きですか」キャンペーンで活躍するイメージキャラクターは、5代目まで登場しました。 1992年から1996年まで受け持った初代は、水野真紀さんです。2代目の松嶋菜々子さんは1997年から2000年まで活躍しました。 3代目の片瀬那奈さんは2001年から2002年の1年間だけイメージキャラクターを務めています。 4代目の中谷美紀さんも2003年から2004年まで担当しています。2005年から2008年まで担当した5代目の仲間由紀恵さんは、2008年以降もパナソニックビューティとしてイメージキャラクターを引き継ぎました。 現在、2代目パナソニックビューティは水原希子さんがコマーシャルの顔になっています。

歴代のおねえさんたちの面白い共通点を発見

パナソニックの歴代きれいなおねえさんには、面白い共通点があります。5人共女優さんとして活躍していますが、映画版のリングシリーズの主役は全員イメージキャラクターのおねえさんです。 「リング」の主人公浅川玲子は2代目の松嶋菜々子、「リング2」の高野舞は4代目の中谷美紀、「リング0バースデイ」山村貞子は5代目の仲間由紀恵に白羽の矢が立ちました。 いずれにしても、皆さん女優として実力も知名度も抜群の方ばかりです。毎回新しいおねえさんが任命される時は、各メディアも注目し、様々な媒体のニュースで取り上げられています。 5人の中で一番長く担当したのは仲間由紀恵さんで、新しいシリーズの期間も含めると8年間も続きました。

当時から画期的だったキャッチフレーズとキャンペーンの内容

エステジェンヌシリーズのキャンペーンは、当時から画期的でした。なぜなら、女性向けの美容家電のコマーシャルにもかかわらず、男性層を意識し、男性から人気のある女優さんをイメージキャラクターに起用したからです。 斬新なコンセプトが受け、男女問わずエステジェンヌシリーズは大ヒットしました。90年代に突入すると、男性も肌のお手入れを意識する風潮が生まれ、美容家電を買い求める男性が急増しました。 男女一緒に使えるものも増え、恋人同士で使用する目的で購入するケースも増えました。 現在でも美容家電の代表メーカーとして君臨し、毎年のように新しい商品を発表しています。最新のキャッチフレーズは「いそがしい人を、うつくしい人へ」です。

ページのトップへ戻る